>

生活に役立つ資格

能力の習得にこだわる

資格試験とは、定期的におこなわれ、かつ各回において難易度にばらつきが出ないことを前提にされています。
したがって、その融通の利かない面を利用して、資格試験を受けるに置ける裏技というものがどうしても出てきてしまいます。

中には問題を読まずしてパターンだけで答えを導けてしまうこともあります。
もちろん、それらは点数を取るためには重要なテクニックであり、否定できません。

しかし問題なのは、そのテクニックに頼って点数を上げることを目的とし、本来の目的であるスキルの向上を怠ってしまうことです。

あなたに求められているのはその資格の有無ではなく、その資格に見合ったスキルを駆使して社会に貢献することです。

したがって、資格の勉強をするときはテクニックに頼りすぎず、本当の実力が付くように心がけましょう。
これは企業の業績に貢献できるだけでなく、将来仕事をする自分自身のためでもあります。

資格はいかに活かすかで価値が決まる

キャリアアップにつながる資格というのは、その資格があることで仕事の効率が上昇することが期待されるからです。
つまり、その道を見つけるのは自分次第です。
今まで全く未開発の道が開ければ、その分野の資格を持っている人が断然有利になります。
逆に言えば自分が持っている資格を活かせるように誘導することもひとつの手です。

フランスと中国が良い例として挙げられます。
以前、エジプトではフランス語の習得が必須でした。
なぜなら、歴史的にフランスと強い関係があり、フランス語を話すことは将来的にきっと役に立つという常識があったからです。
しかし、近年中国のアフリカ開発が進み、エジプトでは中国語の需要が高まりつつあります。

フランス語が無駄になったわけではありません。
ただ、時代の変化とともに中国語の価値が急上昇したのです。

このように、時代の変化を呼んであらかじめ資格を取得するのも非常に有効な手段です。


この記事をシェアする